はんこに関する言葉

  • RSS

私たち日本人には印鑑というものはとても重要なものですよね。印鑑、印鑑と言いますが、でも、私たちは印鑑を「はんこ・判子」と言います。「印」とも言う人もいますよね。
言い方の違いでしょうか。普通私たちは「はんこ押してね!」とか「はんこが必要なので」なんていう言い方をしますよね。
印鑑とか判子とか、それって意味の違いあるんでしょうか?

「はんこ」というのは印、印鑑、印判、印章、判、はんこ、ということ全てを指しているようですね。
だから、「ここにはんこ押してね!」という言い方は間違っていないようですよ。
はんこというのは、「版行、版行(はんこう)」という言葉が「はんこ」という言葉に変わったものだそうです。
版行というのは図書、文書を判木で印刷して発行することです。いわゆる出版するということのようです。「判子」というのは当て字なんだそうですよ。
「はんこ」というひと言でいろいろな意味を成しています。

では印鑑というのは?
印鑑というのは「はんこ」そのものの照合するための印影のことです。「特別な力を持つ印影」を印鑑というのです。
印影というのは紙などに押されたはんこの形のことです。
印というのは印章であって、印影であって、強力な権利などを持つものです。
印章というのははんこそのものの本体です。印材をいわゆるはんこの形にしてそれがはんこになるんです。
そして判というのは印象、印影であって、目印というようなものでしかありません。そこには力はありません。
こうやってはんこに関する言葉を見ていってみるといろいろな意味があるのが分かりました。皆さん知っていましたか?



~ 話題のサイト情報 ~

〔仕上がりイメージも確認できる「作れる!簡単名刺」〕

SPEED名刺館なら名刺やショップカードの作成、印刷がとってもお得!

モノクロ片面50枚を高品質オンデマンド印刷で1,240円~!
自分の顔写真やQRコードも追加することができるので、
一味ちがったオリジナルの名刺を作成できます。

このページの先頭へ